蒸しタオルで目元のクマを悪化させる「目の疲れ」を解消


a0002_003654

パソコン利用などで酷使した目の疲れは目元のクマを悪化させます。目元のクマはそれだけで老け顔に見えてしまいます。蒸しタオルを使った簡単解消法でクマ退治をしましょう。


 

こんにちは、sachikoです。
少し前にTVでみたのですが、パソコン利用などで疲れた目には蒸しタオルを使えばよいことが実証されたそうです。
つまり、どれだけの時間、どれくらいの温度の蒸しタオルを使えばいいのかが明らかになったということです。

私がみた情報によりますと、パソコンを長時間使用すると目のピントを調整する能力が低下するそうです。さらに、この能力は比較してみると週のはじまり月曜日よりも週末の金曜日の方が低下するそうです。
疲れが蓄積されるということでしょうか?

これを解消する方法は、蒸しタオルで目を温めることです。それも約40℃で3分間の場合よりも、約40℃で10分間温めるのがよいそうです。蒸しタオルは使用しているうちに冷めてしまうので、何本かタオルを準備して順番に使用します。(目を温めるグッズも売ってたりしますね)

1日の終わりにこの蒸しタオル法で、目の疲れをきちんと取れば、憎き目元のクマも解消につながるとのことです。
蒸しタオルは、タオルを水でぬらして、電子レンジで温めれば簡単にできます。

仕事などでどうしても長時間パソコンを使用する人はぜひ試してみてください。

 


お読みいただきありがとうございます

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing