盆と正月が・・・


お盆

こんにちは、keikoです。
今日はお盆休みの企業が多いのか、いつもより通勤時の人が少なかったように思います。

では、問題です。
盆と正月が一緒に来た様」とは、次のうちどちらの意味が正しいでしょうか??


(1)用事がいくつも重なり、非常に忙しい様
(2)喜ばしい出来事が幾つも重なり、非常にめでたい様

広く知られているのは(2)ですが、実はこれ本来的に言えば誤用なんです。
というのも、新年を迎える正月はめでたいことであり、盆を加えると更にめでたくなるだろうという誤解から、誤用が広まったと考えられています。

元々、先祖供養の行事である(初秋の)盆と、新年を迎える正月は、いずれも行事が多く、せわしない印象が強いことから、それが重複すれば更に忙しくなるだろうという想像からできた諺だそうです。

7月7日の夜、牽牛星と織女星の二星が、天の川を渡って出会うのを祭る行事「七夕」も実は、“7日盆”といって、お盆と深い関係のある日です。地域によっては、7月7日にお墓を掃除し、お花を飾り、お盆の準備を始めるところが多いようです。

また、お盆の由来はインド発祥とも言われており、「きゅうり・なすの牛馬」を作ることは、「なす」と「きゅうり」が仏教とおなじくインドから伝わったもので、季節の野菜をお供えするということが要因になっているようです。

今では何となく引き継がれている行事も、発祥の由来等を調べるとますます興味深くなりますね。

コウベビューティーはお盆時期も変わらず営業しておりま~す!!


お読みいただきありがとうございます

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing