お月見パーティーしたいけど、中秋の名月?それとも仲秋の名月??メールの件名が作れません!って方はぜひご覧ください。


200_ma_223

こんにちは、keikoです。
今年は残暑厳しいと言われておりますが、今朝の通勤時はすごく涼しくすっかり秋空でした。

秋といえばお月見。中秋の名月です。いや、仲秋の名月。あれれ?どっちやっけ?


「中秋の名月」と「仲秋の名月」ってどっちが正しいの??

てなんだかスッキリしないので、即効調べてみました。

『ちゅうしゅうの名月』とは旧暦の八月十五日をさします。旧暦の秋とは現在の「七・八・九月」です。そして、暦月の真ん中の日と言えば十五日。よって八月十五日と言えば「秋の真ん中の月でその付の真ん中の日」なので、『ちゅうしゅう』とは秋のど真ん中=「中秋」です。

さらに、「八月十五日」と書いて「なかあき」と読む名字の方がいらっしゃるそうです。
読み方より漢字の方が多いって、これまた斬新!!!!!

なので、私は「中秋の名月」と書くことにします。でも、「仲秋の名月」でも実は正しいんです。

中国では兄弟の順番を表すのに「孟・仲・季」を使います。わかりやすくいえば長男・次男・三男(末っ子)と言ったところです 。

旧暦の八月十五日の祭事は中国から伝わったお月見の祭事ということもあり、秋の2番目の月(month)の月(moon)=「仲秋の名月」と表記されることもあるのだそうです。

そして、「中秋の名月」=「十五夜」とも呼ばれています。

因みに今年の「中秋の名月」は9月12日だそうです。
晴れたらいいなぁ♪

この記事の内容は「こよみのページ」引用・参考にさせてもらってます。
http://koyomi8.com/


お読みいただきありがとうございます

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing