恋をするとキレイになるってホント?


a0002_001519

sachikoです。いくつになってもキレイになりたいと思います。そんな中、このような質問をいただきました。「恋をするとキレイになるってほんと?」


 
ほんとうです。
人は恋をすると、恋愛ホルモンともいわれる脳内神経伝達物質が大量に分泌されるといわれています。(一説では、チョコレートのカカオやチーズに含まれるPEAであるともいわれています。)
同時にエストロゲン(女性ホルモン)、ドーパミン、オキシトシン、ベータエンドルフィンなども分泌され、中毒性とでもいうような高揚感と多幸感が生まれます。

これらのホルモンには食欲を抑制する働きをもつものがあり、交感神経が促進され代謝もうながされます。また、エストロゲンは肌の新陳代謝を良くするので、キメのそろった美しい肌になり、涙の成分であるヒアルロン酸も増加され瞳も潤み、肌もモチモチしてきます。
恋をすると少しほっそりするのも、肌ツヤがよくなるのも、これらの作用によるものです。

ホルモンの話をせずとも、好きな人の前できれいでいたい、おしゃれでいたい、彼が喜ぶことをしたい、穏やかで優しくありたい、という気持ちから、より女らしくなることは皆さんもご存知のことでしょう。だから、恋をしている女性はきれいに見えるのだと思います。

ただし、精神的につらい恋はその「つらさ」が顔に出てきてしまうので要注意です・・・
 


お読みいただきありがとうございます

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing