サングラスと美白が関係あるってホントでしょうか??


240サングラス

こんにちは、keikoです。
真夏は紫外線も強くサングラスを着用している人がわんさかいましたが、最近ではサングラス人口も減ってきていますね。
でも、私は眼鏡屋さんのお話を聞いてから年中サングラスをかけるように心がけています。そのお話とは…


目に紫外線を感じることで脳が日焼けをしたと錯覚し、肌を守るためにメラニン色素を出すように指示します。そして、メラニン色素を出すことによって肌が黒くなる、ということ。

つまり、「白い肌(美白)を保つためには、肌だけでなく、目からの紫外線もカットすること」が必要!!なんです。
眼鏡屋さん曰く、ね。

しっかり日焼け止めを塗っていても、紫外線にさらされている目に脳が騙されたら肌が黒くなっちゃうってことですよね。だからサングラスをしましょ!!っていうざっくりとした内容ですが、学会ではすでに発表されているお話だそうです。
私にはそのメカニズムがよくわかりませんが…

マラソンブームで気候もよいこの季節、神戸市内でもたくさんのランナーを見かけます。
わたしも昨日、マラソン部10数名と神戸市内を25km走ってきました♪

スポーツ用サングラスを着用してたのは10数名中私を含めたったの2名だけでしたが、屋外スポーツの際は肉体疲労を軽減させるためにもサングラスが有効です。スノーボードやスキーなどで体感されている方も多いと思いますが、目が日焼けすることで肉体疲労を感じやすくなります。

現に、私は25km走っても筋肉痛なんてほとんどありません!!

サングラスというとセレブ女優やマフィアというイメージも強いかもしれませんが、ガラスが透明(伊達メガネ)でもUVカット加工されているものもたくさんあります。チープな伊達メガネにもUVカット加工されてるものも多いので、美白対策としてのコスパは最高です♪
これからメガネやサングラスを購入予定の方は、ぜひUVカット加工のものをセレクトして美白対策してみてくださいね!!


お読みいただきありがとうございます

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing