秋も夏と同じように日焼け止めが必要でしょうか?


????????

sachikoです。10月も2週目に入り(3週目か?)すっかり涼しくなりました。で、この時季に悩むのが、まだ日焼け止めが必要かどうかということ。みなさんは、どうしていますか?


 
涼しくなってくると、ついつい手を抜きがちな日焼け対策。たしかに、紫外線が最も強いのは夏ですが、肌にとって天敵の紫外線は1年を通して無視することはできません。
紫外線を浴びる量は、夏の1分間と冬の5分間が同じだと言われています。つまり、冬だからといって手を抜いてしまうと、夏と同じように日焼けをしてしまうのです。

だからといって、涼しくなった秋や冬にまで、夏と全く同じようにSPF値の高い日焼け止めクリームなどを塗り続けていると、かえって肌に負担を与えてしまいます。秋には秋の日焼け対策があるのです。

この時季の日焼け対策をするのに注意しておきたいことは、肌には夏に受けたダメージが残っているということ。

ですから、今降り注いでいる紫外線から守ることと、夏のダメージ回復を合わせて行っていくことが大切です。

ポイントは大きく2つです。

  • 厚くなってしまった角質のアフターケア
  • 本格的な乾燥が始まる前にビフォーケア

夏に紫外線を浴びて、肌の奥ではメラニンが生成されてしまっている可能性があります。角質除去でできてしまったメラニン色素をスムーズに排出しましょう。コウベビューティーのミルキーリムーバーなら、肌に負担なく角質ケアができますよ。

そして、今から乾燥しやすい季節になっていきます。夏のダメージを残したまま乾燥してしまうとシワの原因にもなりかねません。しっかり保湿をしましょう。短期集中ケアのできる洗い流す保湿パックもおすすめです。

紫外線対策としては、夏につかっていたようなSPF値の高いものは必要ありません。出来るだけ、保湿もできるものがいいです。もしくは、しっかり保湿ケアをした後に、UV効果のある化粧下地やパウダーを使用するのもいいと思います。最近ではUV効果のあるパウダー(ルースパウダーでもファンデーションでもOK)もあります。

結論:秋は、肌に刺激の少ない紫外線対策と角質ケア&しっかり保湿。
 


お読みいただきありがとうございます

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing