今年こそは神在祭に行きたいなぁ★


200七福神

こんにちは、keikoです。
10月もすっかり下旬に差し掛かりましたね。10月は旧暦で神無月と呼ばれています。神様がいない月=全国の神様がかくれんぼをする1ヶ月~!!
ではなく、全国の神様が集まって会議をする月=神無月だそうです。


その全国の神様たちが集まる会議場所とは出雲大社(島根県)で行われるそうです。なんでも出雲大社付近の地域では、旧暦10月を神無月とは言わず「神在月」と呼ぶそうです。

全国の神様が何で出雲大社に集まるかというと、「人が予め知る事のできる人生諸般の事々」についての会議といわれています。

じゃ、「神在月」に出雲大社に参拝に行ったら神様がたくさんいるんだし、お願い事が叶いやすいんじゃないん??ってなんて思いますよね!でもこの時期は「神在月」までに参拝に来られた方のお願い事について、叶えてあげるか否かを全国の神様と相談する会議をする期間だそうです。

そしてまたネックなのが、神無月という呼び名は旧暦の10月のこと。つまり、現在の10月とは1週間~半月ほどずれているんです。

っていうか、神無月が神様がいない月なら、水無月(旧暦6月)は水がない時期?ん~。梅雨真っ盛りなのに…
なんて疑問も湧いてきます。

が、「無」とは連動助詞の「の」で水無月=水の月という意味だそうです。
つまり神無月も「神の月」という説もあるそうな。。。

どちらが正しい名前の由来かわかりませんが、毎年旧暦10月10日に出雲大社では神在祭が行われます。
数年前からその時期めがけて出雲大社へ行きたいと思っているのですが、毎年何かしら行くことができてません。

因みに今年は2011年11月5日~11月12日までの間に出雲大社をメインに島根界隈で神在祭が開催されます。

最近ではパワースポットとかで人気の地ですし、是非この機会に出雲大社へお出かけしてみてくださいな♪


お読みいただきありがとうございます

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing