[UVケア]あなたの日焼けのタイプは?


HT094_72A

日光を浴びると肌が赤くなったり、黒くなったりと日焼けをします。この日焼け、医学的には「日光皮膚炎」と呼ばれ、肌が低温火傷した状態のことで、同じように紫外線を浴びても日焼けの症状は肌タイプによって異なります。簡単チェックで、自分の肌タイプを知りましょう。

自分の肌タイプを知ろうというわけで、次のチェックにお答えください。

紫外線を浴びると、肌が赤くなり→黒くなります。
メラニンを作る能力が高い人は肌が黒くなりやすく、逆にメラニンを作る能力が低い人は肌が赤くなるだけで黒くなりません。つまり、Bと答えた人ほどシミを作ってしまう可能性が高いということになります。
ただ、メラニンには紫外線から肌を守るはたらきがあります。なので、Aと答えた人は紫外線の悪影響を受けやすく傷ついた遺伝子が修復されず皮膚ガンの大きな原因ともなりうるので、紫外線に対して注意が必要です。


お読みいただきありがとうございます

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing