今日から実践!! 風邪対策 ~ 自宅編 ~


風邪

こんにちは、keikoです。
今週は比較的寒さも和らいでいましたが、週末は極寒だそうですね。。。

この気温差ってのは結構身体に堪えます!
風邪をひかないためにも、普段からしっかり予防しておきましょう★


まずお家でできる風邪予防は、「喚起」「加湿」「温度」の3点です。

◆喚起
風邪をひいた人が1回くしゃみをすると約100万個、1回の咳で約10万個のウィルスが、口から出るそうです。閉めきった部屋では、これらが空中をさまよい続け、風邪ウィルスが充満してしまう...ということになります。
喚起をしてウィルスをお家から追い出すことが、風邪対策の基本です。

◆加湿
冬場は乾燥するため、私たちの喉や鼻も、乾燥により粘膜が乾いてしまい、ウィルスに感染しやすい状況になりがちです。加湿をすることで、喉や鼻の粘膜を保湿することは、風邪ウィルスへの抵抗力アップにつながります。

◆温度
体温が下がると、細菌に対する抵抗力も下がります。
つまり、体温を維持することが大切です。床の温度が室温より低く、その温度差(上下温度差)が大きいと、足元が冷えて体温が低下しやすくなります。ちなみに、床の温度が高ければ皮膚温が上がるため、より快適であることが伺えます。

「喚起」「加湿」「温度」を適切に管理することで、風邪ウィルスの活性化を抑え、さらに免疫力が低下しにくい環境をつくることが可能です。食事による免疫力アップや運動による体力アップと同様に、室内の環境も整えて、風邪ウィルスに負けない快適な生活を送って下さい


お読みいただきありがとうございます

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing